トレーニングとハムストリングとストレッチと骨盤と便秘との関連性

リハビリさんに、ストレッチや筋力アップトレーニングをマンツーマンで教わりました。そのリハさんはかなりの経験がある人でした。
看護師も時間があるときは対象の方にリハビリもする機会があるので興味深々に聞きました。

自分が対象者になりまずは、筋肉ほぐしからしてもらいました。あら、とても気持ち良いではないですか。膝のお皿ってこんなに動くのね。ここの周りの筋肉をほぐす重要性をメモしました。

次に大臀筋、ハムストリングの筋トレです。
きました!普段鍛えているからよし来いと‥

はい、一瞬でハムストリングが攣って終了です。
内容はよく動画でも見ると思いますが、仰向けになって腰を挙げるやつです。
えっ?!なんでとなりましたがリハさんに筋肉を触ってもらったら、思いっきり筋緊張してますと。トレーニングしてストレッチしてないでしょと。その通り!!トレーニング後に重要なのは栄養補給とレストだと思いそれしかしてませんでした。このレストでは下肢挙上とか手でマッサージはしましたが、筋を伸ばしてませんでした。

その後ハムストリングをストレッチした後にもう一度仰向け、腰上げをしたらあら不思議。攣りませんでした。ストレッチ大事ですね。
それとハムストリングの緊張が解けると骨盤の歪みもなくなり腸のリンパ、血液の流れが良くなるとのこと。
その後数回大がでました。お腹もスッキリ、下肢の浮腫みもなくなりました。

強く、速くなりたいのなら基本に戻ることをまたまた実感しました。

この記事へのコメント